スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオサンショウオ


「山椒魚」の名の由来は、一説に、山椒のような香りを発することによるという(#オオサンショウウオの食利用を参照)。 平安時代以前からの古称に「はじかみいを」[2]があり、これもすなわち、「山椒(はじかみ)魚(いを)」の意である。

また、「ハンザキ」の異称があり、引用されることも多い。由来として 「からだを半分に裂いても生きていそうな動物だから」 「からだが半分に裂けているような大きな口の動物だから」 などとも言われ、疑問符つきながらこうした説を載せている辞書などもあるが、やや突飛な発想である反面、信頼できる古文献の類は現在のところ知られていない。

ほかに ハジカミ → (音位転換)ハミザキ → (撥音便化)ハンザキ のように変化したとする説や、体表の模様が花柄のようにも見えることから「花咲き」から転訛した、といった説もあるが、これらについても現在のところ裏づけは乏しい。


オオサンショウオは 寿命が100年以上のもいるという

すごいな~~

岩と同化していて なかなか 見つけにくいが
たしかに いるんだな~~
スポンサーサイト
プロフィール

鬼瓦ゴンゾウ

Author:鬼瓦ゴンゾウ
日常の何気ないエピソード、小さな事件を載せています・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。